進学や就職に伴って武蔵境で賃貸を借りるなら!理想の部屋の探し方

サイトマップ

RentelProperty

家族が住むために必要な部屋数の出し方

角部屋

一人暮らしをする場合には、ワンルームや1DKのような単身者向けの賃貸物件を探す人が多いと思いますが、では複数の家族がいる場合には何部屋が必要になるのでしょうか。
実は必要な部屋数の出し方は簡単で、世帯人数マイナス1が適切だとされています。そのため3人家族であれば2LDK、5人家族であれば4LDKといった部屋数になります。しかしこの部屋数は、子どもが大きくなり1人1部屋を使うようになったら必要になる部屋数とされていますので、例えば子どもが小さい内は必ずしも計算式が正しいとは限りません。そのため子どもが大きくなったら引越すことを前提にしているのであれば最初は部屋数は少なく、ある程度子どもが育ってから新しく家探しをしてみることも1つの方法です。
しかし子どもが小学校に入学してしまうと、学校を変えたくない、と考え引越しに躊躇してしまう親誤さんもいるかもしれません。その場合には賃貸情報サイトを利用すると良いでしょう。賃貸情報サイトではエリア別に賃貸物件を探すことも出来ますが、更にエリアの中で細かい地域名から検索することが出来たり、地図上から賃貸物件を探す検索することも出来ます。細かい地域で賃貸物件を探すことが出来れば、転校を気にせず家探しが出来るので、良い方法といえるでしょう。

TOPへ